ABOUT ME

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

  • 【WOL The main event】2013.9.14〜15日第七回WOLビーナスラインツーリング〜プロローグ〜
    ロペ (04/25)
  • 【WOL The main event】2013.9.14〜15日第七回WOLビーナスラインツーリング〜プロローグ〜
    K (10/28)
  • 中国人の友人が欲しい
    かーたん (04/08)
  • 体罰についての一考察
    超七郎 (03/07)
  • 体罰についての一考察
    old_kp (03/05)
  • スパイクタイヤ
    超七郎 (02/11)
  • スパイクタイヤ
    k (02/04)
  • 領土問題について(2)
    k (10/01)
  • 領土問題について(2)
    ケピ (09/30)
  • 【WOL The Main Event】2012.9.1〜2 第六回WOLビーナスラインツーリング 〜プロローグ〜
    超七郎 (09/20)

RECENT TRACKBACKS

LINKS

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【WOL The main event】2013.9.14〜15日第七回WOLビーナスラインツーリング〜プロローグ〜

    0
      プロローグ

       今年はまたなんだかんだと忙しく、みんカラのバイクコミュ、WOLのメインイベントである長野ツーリングの準備に取り掛かったのは、ようやく出発二日前(9月12日木曜日)のことだった。定時に退勤して、数ヶ月乗ってないストリートトリプルRのカバーをはぐって洗車と各部の点検。

       ……と、フロントブレーキのレバーが、すこっとハンドルグリップまでストローク。エアー噛んだ? しかしエアーのような反発感がない。「抜けた」という表現が一番しっくり来る感じ。いっぱいまで握ると多少は制動してるが、給油がてらの試運転をしてみると、これはツーリングに行けるレベルではない。

       うわぁ、トラブルだよ。どーしよ。まずはエア抜き作業をしてみるか。翌日退勤後にフルード買ってきて……。しかしどうもエアーという感じがしない。整備士の弟とディーラーの担当者も、何もしていなくてエアー噛むというのは、ちょっと通常では考えられないと言う。ブレーキラインに亀裂でもできていればありうるが、フルードは減っていないし、見たところ漏れている様子もない。WOLで聞いてみると、檀那さんも奇妙な症状だと言う。みなさんに色々助言を頂いたが、管理者のごりさんが過去に同様の症状を経験しており、その原因はマスターシリンダーのピストンのシール抜けだったとのこと。ああ、なんかそれだ! 分かんないけど、たぶんそれな気がする! 咄嗟にそう思った。(根拠なし)

       仮にそうだとすれば、マスターシリンダーの内部部品交換になる。ディーラーには部品の在庫はなく取り寄せになるとのことで、そうすると当然のことながら修理は間に合わない。ごりさんが、市販品のマスターシリンダーが一万円程度で買えるから、交換してしまうのも手だという案を授けてくれた。この際、それで行くか……。いや待てよ、うちには検切れで放置中のGSX-R1000があるじゃないか。そのマスターを借りれば余計な出費は抑えられる。しかし、すんなり付けばいいが。バンジョーボルトの径とか、合うかな?

       この時点ですでに前日になっている。勤務中も気になってなかなか仕事に身が入らない。異動を控えた残務処理でやること山積みなのに! 退勤後、計って付きそうならGO、ダメそうなら市販品を買いに……。いや、念のためまずはフルード交換作業でエア抜きを試みてみるか? しかしそれだと市販品交換コースとなったとき、閉店時間に間に合わない!?

       友人Kにも相談してみると、「バイク貸そうか?」との申し出。えっ!? マジで!? そりゃ、借りられれば、前日の夜に涙目でトラブルシューティングとかの修羅場は回避できるし、願ってもないけど! ……でも今乗れるようになってるのってハーレーウルトラクラシックエレクトラグライドとSRサイドカーだけだったよね? って、そういや先日SRサイドカーはエンコしてまだ復活してなかったっけ? いいの? 「いいよw」 ……ありがたく借りますw

       時間は前後するが、代車で参加の旨をWOLにも報告。「ゼファー?」と檀那さん。さすが、借り元に関してはばっちり察しを付けて来る。ゼファーは検切れでお休み中のためハーレーです、と書いて送信したつもりが、気付くとそうなっていなかった。てへw

       さて、退勤後、バイク用品店に行く代わりにK宅へ。ウルトラを借り出す。うおぉ、でけぇ、おめぇ、こえぇ。信号停止でふらつくのがめっちゃこわい。倒したら大変なことになる! お、ニーグリップすると少しは安定するか。やっぱ基本は大事! しかしエアクリーナーカバーが熱くてニーグリップしていられない! どうなってるの!? どうすればいいの!? あっ(ハーレー乗りの皮パン率の高さの訳が分かった気がした瞬間)

       どうにか帰宅。バックで自宅の駐車スペース兼専用通路に入れる時も超緊張。下り傾斜なので重さで大変と言うことはないのだが、両足付きながら恐る恐る下がる途中、道路から専通へ入るためステアリングを左に切って、速度調節のためにフロントブレーキを掛けると、重い車体に引っ張られて一瞬ステアリングが戻されるんだけど、速度が落ちると今度はフロント回りの重さでステアリングが切れてくる! 抗いがたい力で切れてくる! うおぉ、やべっ。慌ててブレーキ、停止、両足踏ん張る。ふぅ、ヒヤリとしたぜ……。実際にはそんなにふらついてないのだが、なんせ不慣れな巨体におっかなびっくりなのだ。

       夕食後、パッキング開始。箱が三つもあるのでパッキングは楽チンだ。想像以上に楽チンだ。XJR1300時代にはトップ&パニアケースを愛用していてその便利さは知っていたが、トップケースもあの大きさになるとまた一段使い勝手が違った。よーし、やっぱりR1200RTを買ったら、デカいトップケースを付けるぞ! (いつになるんだ?)

       無線機の準備もOK。今回はバイクもバイクだし、ヘルメットはジェットで行くことにする。ふと見た洗車スポンジから切り出した自作マイクカバーがまっ黄色であんまりだったので、黒マジックで塗って置いた。……すると、気泡の内側の黄色がぽつぽつと見えるのを娘が気持ち悪がったとかで、嫁さんが黒い布でカバーを縫ってくれていた。なんにせよ、ありがたい!

       楽チンのはずのパッキングだったが、気付けばもう午前二時。俺は何をやっていたんだ? そわそわうろうろしてるうちに時間だけが過ぎてしまったみたいじゃないか? 遠足前の子供じゃあるまいし。さあ、寝よ寝よ。

       ……ん、もう目覚まし鳴っとるがな。早くないか? 四時? もうそんなか。ううん、あと五分……。

      (つづく)
      Check

       1/587PAGES >>